iPhoneの緊急SOSを間違えたときの対処法|すぐ切ったら大丈夫?

iPhoneの緊急SOSを間違えたときの対処法|すぐ切ったら大丈夫?
  • URLをコピーしました!

iPhoneには、病気や事故、犯罪に巻き込まれた際にSOSを発信する機能があります。ユーザーが突発的な危機的状況に陥っても、iPhoneを持っていれば被害を最小限に食い止めることができるかもしれないわけです。

しかし、なかには、ボタンを押し間違えて緊急SOSを出してしまったという人たちもいるはずです。実際、何も問題ないのに「警察や救急車が来たらどうしよう……」と焦りますよね。

この記事では、iPhoneの緊急SOSを間違えたときの対処法を解説しています。また、「すぐ切ったら大丈夫なのか?」という疑問にも回答しているので、参考にしてみてください。

目次

iPhoneの緊急SOSとは?

iPhoneの緊急SOSとは、ユーザーが事件や事故などの危機的状況に陥ったときに、警察、海上保安庁、消防・救急のいずれかに通報できる機能です。災害や交通事故といったトラブルに巻き込まれたら、数秒の差が生と死を左右するので、知っておくと役立つ仕組みと言えます。

緊急SOSの利用方法

それでは、iPhoneの緊急SOSを利用するには、具体的にどうすればよいのでしょうか?

その方法は大きく2つに分かれています。

その1 サイドボタンと音声ボタンを長押しする

第1に、iPhoneの再度ボタンと音声ボタンを同時に長押しすると緊急SOSの画面が表示されます

緊急SOSをスワイプすると、警察、海上保安庁、消防・救急を選択して発信できます。

その1 サイドボタンと音声ボタンを長押しする

なお、サイドボタンを素早く5回押しても同じ画面が表示されます。

その2 パスワードの入力画面で「緊急」を選択する

第2に、iPhoneのロックを解除するパスワードの画面で「緊急」を選択すると電話をかけられます

その2 パスワードの入力画面で「緊急」を選択する

例えば、他人のiPhoneでも緊急時には、電話をかけることが可能です。交通事故の現場に居合わせるなど何かトラブルが起きたときは人のiPhoneだったとしても、助けを求めることが大切です。

iPhoneの緊急SOSを間違えた時の正しい対処法

しかしながら、なかには、iPhoneの緊急SOSを間違えてしまった人たちもいるはずです。実際のところ、誤発信をしたときは、どのように対処すればよいのでしょうか?

結論から言えば、緊急SOSで警察、海上保安庁、消防・救急に間違えて連絡してしまった場合は、「ごめんなさい、間違えて連絡しました」と素直に伝えるのが最も適切な対処法であると言えます。これに関しては、Appleの公式サイトでも次のように言及されています。

救急車や消防車が必要ないのに電話をかけてしまった場合は、電話を切らず、相手が出るまで待った上で「間違いでした」と伝えてください。

Apple公式サイト『iPhone で緊急 SOS を使う』より引用(最終確認日:2024年2月12日)

電話を受けた人の立場から考えれば、途中で切れてしまうと、本人に致命的な問題が発生したと推察して位置情報などから駆けつける可能性があるかもしれません。緊急時とはそういうものです。

なお、間違ってカウントダウンが始まってしまった場合はキャンセル可能です。iPhone 8 以降では、カウントダウンの終了前にサイドボタンと音量調節ボタンから指を放してください。また、iPhone 7 以前では、「停止」ボタンを押してから「通話を停止」をタップすればキャンセルできます。

すぐ切ったら大丈夫なのか?

また、緊急SOSで電話をかけても、すぐ切ったら大丈夫なのでしょうか?

これに関しては、警察、海上保安庁、消防・救急から折り返し連絡がくる可能性があります。いうまでもなく、緊急時には電話をかけたくてもうまく対応できない人たちもいることから、安否の確認を含めて状況を判断するために電話をかける必要があるわけです。

焦ってしまう気持ちもわかりますが、折り返しの連絡がきた時は無視するのではなく、「間違えてかけてしまいました」と正直に伝えてください。その一言を言わずに放置していると、警察や救急が出動することにもなりかねません。結果として、大きな迷惑をかけることになるわけです。

もちろん、すぎ切ったタイミングによっては電話がかかってこないケースもあります。いずれにしても、間違えたことを知らせることが大切なのです。

災害時にも役立つ

iPhoneの緊急SOSは地震や火事などの災害時にも大変に役立ちします。例えば、瓦礫の下に生き埋めになった状態でも、スマホが手元にあれば助けを呼ぶことが可能なのです。したがって、いざという時に備えて使い方を勉強しておくことを強く推奨します。

また、人間であれば間違えて緊急SOSを発信してしまうこともあります。ボタンが勝手に押しっぱなしになってかかってしまうケースもあるでしょう。そのときは正直に間違えた事実を伝えることが大切です。

あなたが無視すると、救急のプロフェッショナルは命を第一優先に考えて行動しますから、状況を適切に把握しようと試みます。その分のエネルギーを使えば、助かった命もあったかもしれないのに自分のミスで非協力的な対応を示すのは身勝手に違いありません。

怒られることを想像すると臆病な気持ちになるのも理解できますが、勇気を出して適切に対処すべきです。実際、緊急SOSの押し間違えはよくあることです。あなただけではありませんし、警察や消防なども暇ではないので事実がわかれば、すぐに電話を切りますから焦らずに対応してください。

iPhoneの緊急SOSを間違えたときの対処法|すぐ切ったら大丈夫?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

D-Terminal編集部はSNS、オンラインコミュニケーションツール、AIなどのデジタル領域における問題解決に資する最終地点として、読者の皆様に記事形式で情報を伝達するプロフェッショナルです。デジタル分野に知見のあるライター、編集者、校閲者から構成されたチームで記事を制作しています。

目次