iPhoneを初期化できたかを確認したいときの対処法【最新版】

iPhoneを初期化できたかを確認したいときの対処法【最新版】
  • URLをコピーしました!

いうまでもなく、iPhoneには、自分や他人の電話番号やメールアドレスの個人情報をはじめ銀行アプリの情報など、見ず知らず他人に知られると危険なデータが数多く入っています。そのため、端末を下取りや中古販売する場合、内部のデータを消去するために初期化を行う必要があります。

しかし、初期化の手続きが無事に終了したかどうかがわからないと、手放すのが不安になりますよね。実際のところ、初期化の成否を判断するには、どうすればよいのでしょうか?

この記事では、iPhoneを初期化できたかを確認したいときの対処法を解説しています。iPhoneに保存されたデータを確実に消去したいと考えている人たちは参考にしてみてください。

目次

iPhoneの初期化とは?

iPhoneの初期化とは、工場から出荷された時と同じようにユーザー情報が一切登録されていない状態に戻す操作を意味しています。所有者は下取りや中古販売などの第三者に渡る可能性があるときや、致命的な不具合が発生したときに初期化を実行する必要があります。

基本的に、個人情報が登録されるスマホには必要不可欠な機能です。なお、iPhoneに限らず、iPadやiPod touchなどの端末にも初期化の設定が実装されています。

iPhoneを初期化する方法

さて、iPhoneを初期化するには、具体的にどうすればよいのでしょうか?

その方法は以下のとおりです。

iPhoneを初期化する方法

STEP
デバイスをバックアップする。

初期化すると、iPhoneのデータが消失するので、必ずバックアップを取っておきましょう。これを忘れると、データを復元できません。

STEP
設定から一般を開いて「転送またはiPhoneをリセット」を選択する。
設定から一般を開いて「転送またはiPhoneをリセット」を選択する。
STEP
パスコードと Apple ID のパスワードを入力する。

初期化はユーザーの損得に大きく関わる設定です。そのため、パスワードによる認証とサインインを行わないと実施でいないのです。

STEP
「続ける」をタップする。

このとき、バックアップを取っていない場合は「今はしない」のボタンをタップしてください。すべての準備が整っているならば、「続ける」を押しましょう。すると、間も無く初期化が開始して、端末が再起動します。

なお、Appleの公式サイトでも初期化に関する詳しい説明が記載されているので、詳細を知りたい人たちはチェックしておきましょう。

iPhoneを初期化できたかを確認したいときの対処法

とはいえ、初期化の手続きが完了したとしても、「本当に終わったのか?」と不安を覚える人たちもいるはずです。実際のところ、iPhoneを初期化できたかを確認するには、どうすればよいのでしょうか?

結論から言えば、初期化されたiPhoneの電源をオンにしたときに、「こんにちは」或いは「Hello」という案内の画面が出てきたら完了したと判断してよいでしょう

下取りや中古販売をする前に必ず確認しておいたほうがよいです。万が一、初期化に失敗して自分の端末に保存されているデータが残っていると、第三者に渡ったときに悪用されてしまうおそれがあります。クレジットカードなどの情報が盗まれると取り返しがつかないのでくれぐれも注意してください。

iPhoneを初期化できたかを確認したいときの対処法

iPhoneを初期化するときの注意点

なお、iPhoneを初期化するときには、いくつか注意すべきことがあります。

ここでは、気を付けたほうがよいことを3つの視点から説明していきます。

注意1 バックアップを取る

第1に、iPhoneを初期化する前に必ずバックアップを取得しておきましょう。

初期化が完了すると、iPhoneのデータはすべて消えてしまいます。そのため、バックアップを取っておかないと、新しい端末に連絡先などの情報を同期できなくなってしまうのです。電話番号やメールアドレスを0から取得し直すのは相当な手間がかかるので注意してください。

なお、クイックスタートを使用すれば、新品のiPhoneに古い端末の情報を瞬時に移動することが可能です。近年では、この方法で機種変更するのが主流になっています。それでも、念のためバックアップを取っておいたほうが安心です。クイックスタートについてはAppleの公式サイトを確認してください。

注意2 手順を間違えるとロックがかかる

第2に、初期化の手順を間違えると、アクティベーションロックがかかるので気を付けましょう。

アクティベーションロックとは、紛失したデバイスを第三者が悪用しないように端末を一時的に使用できない状態にする仕組みのことです。実際、iPhoneを盗んだ人は売って現金に変えようとする可能性があるため、ロックをかけないと大変なことになってしまいます。

初期化するときはパスワードとApple IDの取得が不可欠なので、ここでミスるとロックがかかるので安心なわけです。アクティベーションロックの解除方法について知りたい人は、以下のリンクをチェックしてください。

注意3 充電を完了しておく

第3に、初期化する前にiPhoneの充電を完了しておきましょう。

初期化の途中でバッテリーがなくなってしまうと、iPhoneに致命的な損傷が生じるおそれがあります。CPUにもそれなりの負担がかかるので、充電はマックスにしてから作業を進めることをおすすめします。

万が一、初期化が中断されて壊れてしまった場合、すぐにAppleのカスタマーサポートに相談しましょう。その詳細は公式サイトで確認してください。

初期化は自動的に再起動する

iPhoneの初期化が完了すると、自動的に再起動します。その際に、「こんにちは(Hello)」の画面が表示されたら、初期化が成功した証拠です。

また、iPhoneを第三者に渡すときには、必ず初期化してください。個人情報が端末に残った状態で売ってしまうと悪用されてしまうかもしれません。特に、銀行アプリやクレジットカード情報など金銭に関する情報が盗まれてっしまうと、莫大な損失を被るおそれがあります。

初期化の手順は簡単です。もし、わからないことがあれば、アップルストアに電話をかけて確認してみましょう。

iPhoneを初期化できたかを確認したいときの対処法【最新版】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

D-Terminal編集部はSNS、オンラインコミュニケーションツール、AIなどのデジタル領域における問題解決に資する最終地点として、読者の皆様に記事形式で情報を伝達するプロフェッショナルです。デジタル分野に知見のあるライター、編集者、校閲者から構成されたチームで記事を制作しています。

目次