iPhoneで通話の音量だけを下げることは可能なのか?【最新】

iPhoneで通話の音量だけを下げることは可能なのか?【最新】
  • URLをコピーしました!

iPhoneを使っている人たちのなかには、通話の時だけ音量を下げたいと考えている人たちもいるはずです。イヤホンで音楽を聴いていたり、端末を耳に近づけるときに大きな音がなるのが嫌だったりするときに、電話の音声だけピンポイントで音を小さくできたら便利ですよね。果たして、可能なのでしょうか?

この記事では、「iPhoneで通話の音量だけ下げることは可能なのか?」という疑問について考察しています。iPhoneを使っている人たちは参考にしてみてください。

目次

iPhoneで通話の音量だけを下げることは可能なのか?

残念ながら、現時点では、iPhoneで通話の音量だけを下げることはできません。もちろん、電話の音声だけを上げることも不可能です。そもそも、メディアと電話などの各音声を分けて設定する方法がない以上、どう頑張っても個別に設定するのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

そのため、通話時の音量を小さくしたい場合は、iPhoneの左側面についているボタンを使って、スピーカー全体のボリュームを下げるしかないのです。

音量の使い分けなんて割と簡単に実装できそうな機能ではあるものの、今日に至るまで実現していないサービスとなっています。おそらく、スピーカーの構造それ自体を多重的にしないといけないため、思っている以上に難しいのだと考えられます。

ただし、アプリそれ自体に音声設定がある場合、iPhoneの音量とは別に調整可能です。ただ、本体の音量を下げれば、それに連動してアプリの音声も下がるのでボリュームを使い分けるような仕様にはならないと予想されます。

音量を上げすぎると耳が悪くなる

なお、電話にしても、音楽を聞くにしても、iPhoneの音量を上げすぎると耳が悪くなるおそれがあるので、くれぐれも注意してください。特に、ワイヤレスイヤホンを長時間にわたって使用している人は、途中で休憩をいれるように心がけてください。

これに関しては、Appleの公式サイトでも大音量で音を聴くリスクについて明確に記載されています。

大音量で音を聴いていると聴覚を損なうおそれがあります。継続的に大音量で音を聴いていること以外に、周囲の騒音によっても、音が実際の音量よりも小さく感じられる場合があります。イヤフォンなどを耳に装着する際には、先にオーディオを再生して音量を確認するようにしてください。最大音量を設定する方法については、iPhoneのヘルスケアでオージオグラムデータを使用するを参照してください。聴覚の損傷について詳しくは、音と聴覚についてのWebサイトを参照してください。

Apple公式サイト『iPhoneの安全性に関する重要な情報』より引用(最終確認日:2024年2月9日)

したがって、iPhoneの音量を上げて使用するときは、くれぐれも気をつけてください。いわゆる、「スマホ難聴」という言葉が流行っているように、長い期間にわたって耳に負担をかけることで突然、聞こえが悪くなることもあります。もし、異変を感じたら、すぐに病院にいきましょう。

その都度音量を調整するしかない

現時点では、通話とその他のメディアで音量を個別に設定して出し分けるような技術は、iPhoneに実装されていません。そのため、電話する際の音声を下げたい場合は、全体のボリュームを低くするしかありません。

こうしたピンポイントのニーズに対して、「Appleが新機能として実装するのか?」というと、答えはなんとも言えません。「費用対効果」の観点から見たときに、ユーザーがiPhoneを使用する体験を劇的に変化させるようなとも言い難く、インパクトとして弱いと感じるものは採用されないと考えられます。

もちろん、音楽と動画の音声に影響を与えずに通話の音量だけコントロールできたら便利なシチュエーションはあります。今後のアップデートに期待するしかありません。

iPhoneで通話の音量だけを下げることは可能なのか?【最新】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

D-Terminal編集部はSNS、オンラインコミュニケーションツール、AIなどのデジタル領域における問題解決に資する最終地点として、読者の皆様に記事形式で情報を伝達するプロフェッショナルです。デジタル分野に知見のあるライター、編集者、校閲者から構成されたチームで記事を制作しています。

目次