ウィキペディアの編集はバレる?書いた人を特定する方法や注意点を紹介

ウィキペディアの編集はバレる?書いた人を特定する方法や注意点を紹介
  • URLをコピーしました!

Wikipedia(ウィキペディア)では、原則としてだれでも既存のページを編集可能です。実際、特定のトピックに対して知識を持っているユーザーが自由に執筆に関わることでコンテンツの質はよくなると考えられます。ただ、なかには、自分が記述に関わっていることを知られたくない人たちもいるでしょう。

この記事では、「ウィキペディアの編集はバレるのか?」という疑問について考察しています。また、書いた人を特定する方法や注意点も紹介しているので、ウィキペディアの情報を編集しようと考えている人たちは参考にしてみてください。

目次

ウィキペディアの編集はバレる?

さて、ウィキペディアの編集はバレることはあるのでしょうか?

結論から言えば、ウィキペディアの編集はバレると考えてよいでしょう。なぜなら、変更履歴が日時単位で編集内容と一緒に具体的に記録されるからです。アカウントを持っていなくても、だれでも各ページの右上に表示されている「履歴表示」をクリックすれば編集の記録をチェックできます。

ウィキペディア 変更履歴

したがって、特定の人物を誹謗中傷するような内容を書き込めば、訴えられる危険性があるので絶対にやめてください。匿名性を隠蓑にして何か表現できるのは法律を犯していないことが前提です。他人の権利を侵害する行為は決して許されないの注意しましょう。

ウィキペディアを書いた人を特定する方法

なお、実際にウィキペディアを書いた人を特定したいと考えている人たちもいるはずです。とりわけ、事実無根の内容を記載されたり、悪口を書かれたりした場合、放っておくわけにはいかないですよね。とはいえ、編集者を特定するには、具体的にどうすればよいのでしょうか?

これに関しては、ウィキペディアのアカウントは本名でなくともよいため、IPアドレスの開示請求を行う必要があります。裁判所に対して投稿の違法性を示す証拠を提出して認められると、あなたに関する記述を行った人物のIPアドレスを取得することが可能です。

ただし、裁判所の手続きは専門的な知識が必要です。だからこそ、IT分野に特化した弁護士に依頼することをおすすめします。なお、モノリス弁護士事務所の公式サイトでは、具体的な方法や注意点を含めた記事が公開されているので、詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

ウィキペディアを編集するときの注意点

改めて、ウィキペディアを編集するときには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、具体的な注意点を3つ紹介していきます。

注意1 虚偽の情報を記載しない

第1に、ウィキペディアでは、虚偽の情報や根拠のない主張を掲載することは厳禁です。

いうまでもなく、ウィキペディアは信頼できる情報源であることが求められます。したがって、ページを編集する際は、情報の正確性を確認し、信頼できる出典を提供することが不可欠です。事実に基づかない情報は、ウィキペディアの信頼性を損なうだけでなく、誤解を招く可能性があります。

とりわけ、特定の人物に関わる情報を記載するときは虚偽が原因で損害が生じる危険性もあるので、くれぐれも注意してください。

注意2 荒らし行為を控える

第2に、ウィキペディアのページをイタズラで荒らす行為は控えましょう。

ウィキペディアは、だれでも編集できるがゆえにモラルハザードが起きるおそれがあります。

しかしながら、実際は有志による監視システムが成立しており、荒らし行為に該当するような編集はすぐに無効化されます。さらには、ウィキペディアからブロックされると、1年以上は編集権限が制限されるというペナルティもあるので気をつけてください。

注意3 誹謗中傷を投稿しない

第3に、特定の個人を誹謗中傷するような投稿はやめましょう。

当然ながら、誹謗中傷は法的な問題を引き起こす危険性があります。どんな人物でも無闇に悪口を言ってよい相手は存在しません。インターネットでの投稿は記録が残りますから、言い逃れはできません。たった一言の記述が自分と相手の人生をどん底に突き落とすおそれがあることに留意しましょう。

万が一、ウィキペディアで誹謗中傷の被害を受けた場合は、IT分野の弁護士に相談することをおすすめします。

みんなのために編集しよう

ウィキペディアは、すべての人たちに知識を開放しようと試みる事業です。広告や有料会員のようなマネタイズではなく、だれもが無料で情報にアクセスできます。ユーザーは自らでウィキペディアのページを作ることができ、みんなで編集して発展させるインターネット百科辞典なのです。

だからこそ、悪戯でページを編集するのはよくありません。それを見て誤解した人が損害を被るかもしれません。軽い気持ちでやったことが後から大きなトラブルに発展することはあります。言葉の重みをよく自覚したうえで利用することをおすすめします。

ウィキペディアの編集はバレる?書いた人を特定する方法や注意点を紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

D-Terminal編集部はSNS、オンラインコミュニケーションツール、AIなどのデジタル領域における問題解決に資する最終地点として、読者の皆様に記事形式で情報を伝達するプロフェッショナルです。デジタル分野に知見のあるライター、編集者、校閲者から構成されたチームで記事を制作しています。

目次