PayPayで支払い失敗するとどうなる?気づかない時の対処法も解説!

PayPayで支払い失敗するとどうなる?気づかない時の対処法も解説!
  • URLをコピーしました!

PayPay(ペイペイ)で支払いを終えたと思っていたら、後から失敗していたことに気付いて戸惑ったことのある人たちもいるはずです。実際、商品が手元にあったり、サービスをすでに利用していたりするのにもかかわらず、決済が終わっていないのは不安ですよね。

実際のところ、PayPayで支払い失敗するとどうなるのでしょうか?

この記事では、「PayPayで支払い失敗するとどうなるのか?」という疑問について考察しています。また、支払いがうまくいかない原因や気づかないときの対処法も紹介しているので、PayPayを利用している人たちは参考にしてみてください。

目次

PayPayで支払い失敗するとどうなる?

さて、PayPayで支払い失敗すると、どうなるのでしょうか?

結論から言えば、PayPayの支払いに失敗すると、取引履歴に「支払い失敗」という表示が出てわかるようになっています。また、アプリ上で支払いが完了したとしても、お店側に情報が送信されなかった場合、24時間以内に取引の取り消しと返金が実施されます。

PayPay 支払い失敗

これに関しては、PayPayの公式HPにも次のように記述されています。

PayPayアプリ上で直前のお支払いが完了となっていてもお店にお支払い情報が正しく届かなかった場合は24時間以内に取消・返金が行われます。

PayPay公式サイト『決済時に「直近で同様のお支払いをしていませんか」と表示された』より引用(最終確認日:2023年12月25日)

当然、PayPayの支払いに失敗すれば、商品やサービスを利用することはできません。また、後払いの場合は、PayPay以外に決済手段で支払わなければトラブルになるので、速やかにお金を払いましょう。

支払いが失敗する原因

とはいえ、そもそもPayPayで支払い失敗になるのは、どうしてなのでしょうか?

ここでは、大きく3つの原因について説明していきます。

原因1 PayPay残高が足りない

第1に、ユーザーのPayPay残高が足りない場合、決済が失敗します。

PayPayはクレジットを利用していない場合は不足分を自動的に補って決済することはできません。

必要な金額をチャージし直して再度決済しましょう。

原因2 支払い上限額を超えている

第2に、支払いの上限額を超えている場合、PayPayでの決済は失敗します。

PayPayのアカウントでeKYCによる本人確認の手続きが終わっている場合、24時間以内に決済できる上限金額は50万円までとなっています。過去30日間では200万円です。したがって、そのリミットを超えるような支払いはできないので注意してください。

なお、本人確認がまだ終わっていない場合は支払いの上限額は10万円になる場合があります。

原因3 予期せぬエラーが出た

第3に、PayPayの不具合によって生じたエラーが原因で支払いがうまくいかない場合もあります。

インターネット接続が不安定だったり、古いバージョンを使い続けていることによるバグだったり、PayPayのアプリ上で実施されている操作に障害が生じる場合もあります。

その際は、Xなどのソーシャルメディアで「PayPay 支払いできない」などの関連キーワードを入力して投稿を調べてみましょう。もし、PayPayそれ自体に不具合が起きている場合、あなたと同じような問題を体験している人たちがトラブルについて投稿している可能性があります。

PayPayの問い合わせ先

電話番号:0120-990-634 
窓口時間:24時間受付/土日祝日を含む365日

いつまでも不具合が改善されない場合はPayPayのカスタマーサポートに問い合わせて、解決策や具体的な対応策について相談してみましょう。なお、その前にアプリをアップデートして、再起動を行った後に決済を試してみることを忘れないでください。

PayPayの支払い失敗に気づかないときの対処法

なお、PayPayの支払いを行った後に失敗したことに気づかない場合もあります。例えば、混雑している飲食店で決済したときに急いでいるあまりに結果をちゃんと確認せずにうまくいってなかったなんてことも起こり得るわけです。実際のところ、支払い失敗に気づかないときはどうすればよいのでしょうか?

これに関しては、支払い時に完了したことを確認する以外に防ぐ方法がありません。商品やサービスを利用する前に支払い失敗すれば、単純にキャンセル扱いになるだけですが、利用後の決済で失敗したことに後から気づいた場合は再度、支払うしかないのです。

特に、飲食店の場合は顧客の個人情報を取得しているわけではありませんから、支払い失敗に気づかないと後から料金を回収できないおそれがあるので注意が必要です。

一応、店舗側では、PayPay for Businessに「取引失敗」と表示されたことを確認すれば、支払いがうまくいかなったことがわかります。そのため、1回1回の決済を確実にチェックするならば、サービス画面で完了の有無を見るのが一番よいのです。

決済が失敗となった場合、PayPay for Business上に「取引失敗」と表示されます。
この場合、取引が完了していないため、再度決済をしていただくか、PayPay以外のお支払い方法で取引をおこなってください。

PayPay公式サイト『決済時のエラーについて』より引用(最終確認日:2023年12月25日)

払ったふりする悪人もいるので注意しよう

なかには、PayPayで払ったふりする悪人もいるので気をつけてください。通常、決済が完了すれば、「ペイペイ」と音が鳴るので、それを聞けば支払いが終わったと判断できます。けれども、それを逆手にとって、ペイペイという音を別の端末で流して誤魔化すような悪人も存在します。

もし、不正な取引が発覚したら、お店の監視カメラなどで証拠となる映像の記録を保存しておき、警察に相談してください。泣き寝入りすると、だれかがまた同じ被害を受けるおそれがあります。面倒かもしれませんが、二度と同じことをさせないためにも然るべき措置を取ることが大切です。

PayPayで支払い失敗するとどうなる?気づかない時の対処法も解説!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

D-Terminal編集部はSNS、オンラインコミュニケーションツール、AIなどのデジタル領域における問題解決に資する最終地点として、読者の皆様に記事形式で情報を伝達するプロフェッショナルです。デジタル分野に知見のあるライター、編集者、校閲者から構成されたチームで記事を制作しています。

目次