本人確認したのにPayPayマネーにならない原因と対処法【最新】

本人確認したのにPayPayマネーにならない原因と対処法【最新】
  • URLをコピーしました!

PayPay(ペイペイ)で電子マネーをチャージした際に、本人確認が終了しているのにもかかわらず、PayPayマネーに変換されずに困っている人たちもいるはずです。実際、出金不可能な「PayPayマネーライト」になってしまうと、使い勝手が悪いですし、損をした気分になりますよね。

とはいえ、eKYCで本人確認を行った後でもPayPayマネーに変換できないのは、どうしてなのでしょうか?

この記事では、本人確認したのにPayPayマネーにならない原因と対処法を解説しています。PayPayを日頃からよく使っている人たちは参考にしてみてください。

目次

本人確認したのにPayPayマネーにならない原因

さて、本人確認したのにPayPayマネーにならないのは、どうしてなのでしょうか?

その原因は大きく3つあると考えられます。

原因1 本人確認前にチャージしている

第1に、すでにチャージ済みのPayPayマネーライトは本人確認後でも「PayPayマネー」にはなりません

あくまでも、その後にチャージした金額のみが「PayPayマネー」に変換されます。これに関しては、PayPayの公式HPに以下のように記載されています。

なお、所定の本人確認をしても、手続き前に保有しているPayPayマネーライト、PayPayポイントが、PayPayマネーになることはありません。

PayPay公式HP『PayPayマネーとは』より引用(最終確認日:2023年12月10日)

上記の引用からも明らかなように、PayPayマネーは本人確認を終えた後からのチャージ金額に対して反映されることを覚えておきましょう。

原因2 PayPayマネーライトを送られている

第2に、第三者のアカウントからPayPayマネーライトが送られている場合は、本人確認が終了していたとしても「PayPayマネー」にはなりません

相手が本人確認を終了していない場合、チャージした金銭は「PayPayマネーライト」に変換される以外にありません。そのため、その人たちから送付された金銭は、受け取る側が本人確認を終了していたとしても必然的に「PayPayマネー」にはならないのです。

もし、出金を前提としている場合、割り勘などのお金を受け取る前に、「相手がPayPayアカウントの本人確認を済ませているのか?」を確認することをおすすめします。

原因3 チャージ手段が対応していない

第3に、PayPayマネーに対応していないチャージ方法を利用した場合は、本人確認を終了していたとしても「PayPayマネーライト」になってしまいます

具体的には、次に挙げる手段でチャージした場合は「PayPayマネーライト」になってしまうので、気をつけてください。

チャージした電子マネーがPayPayマネーライトに変換されるもの

  • その1 PayPayカード
  • その2 クレジットカード
  • その3 ソフトバンク・ワンモバイルまとめて支払い

これに関しては、PayPay公式HPに記載されている情報です。詳細は以下のリンクにアクセスして、内容を確認してみてください。

「PayPayマネーライト」でも決済可能な店舗は増えているものの、何かと制約が多いのも事実です。できるだけ「PayPayマネー」に変換するように心がけましょう。

本人確認したのにPayPayマネーにならないときの対処法

それでは、本人確認が終了しているにもかかわらず、PayPayマネーにならないときは、具体的にどのように対処するのがよいのでしょうか?

結論から言えば、PayPayマネーライトで換金率の高い商品を購入して現金化するという対処法があります。繰り返しになりますが、PayPay上では「PayPayマネーライト」から「PayPayマネー」に変換する方法は存在しません。そのため、別な金銭的価値に交換しない限りは現金に戻すことは難しいと言えます。

例えば、amazonギフトカードなどの金券を購入して専門業者が提供している換金サービスを利用するのがよいと考えられます。外部サービスの初回換金率は90%前後とそれなりの手数料がかかるのが難点ですが、どうしても現金化したいのなら仕方がありません。

ただし、換金関連の事業者には悪徳事業者が紛れ込んでいるので気を付けましょう。最悪の場合、amazonギフトカードの決済情報だけを盗まれて全額を損するなんてことにもなりかねません。口コミをはじめ運営会社を調べて安全性をチェックしたうえで利用することを心がけてください。

それ以外の方法になると、飲食店で食事を取る機会が多い友人や家族に現金と交換してもらうのが現実的かもしれません。金額が少ないのなら、飲食店やコンビニ決済専用

PayPayマネーライトも意外と使える

とはいえ、PayPayは今や国内で6,000万人を超えるユーザーを抱えており、「マネーライト」の決済に対応する事業者もそれなりに増えています。その意味では、出金はできないけれども、案外持っていも困らない電子マネーとも言えるわけです。

さまざまなキャッシュレス決済サービスがありますが、PayPayは今後もインフラとして定着し続ける可能性が極めて高いですから、「PayPayマネー」にならないからといって極端に落ち込む必要はありません。用途さえ明確にして消化すればよいのです。

そして、これからは「PayPayマネー」になるよう上記で紹介した原因に該当する事象を可能な限り、避けてください。そうすれば、出金できずに困るなんてことは少なくなるでしょう。

本人確認したのにPayPayマネーにならない原因と対処法【最新】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

D-Terminal編集部はSNS、オンラインコミュニケーションツール、AIなどのデジタル領域における問題解決に資する最終地点として、読者の皆様に記事形式で情報を伝達するプロフェッショナルです。デジタル分野に知見のあるライター、編集者、校閲者から構成されたチームで記事を制作しています。

目次